2012ふれあい鉄道フェスティバル(尾久車両センター一般公開)後編

今から半世紀以上も前にここには常磐線の列車を
牽引する蒸気機関車の機関区が置かれていた名残
で、転車台が今でも実働可能状態で残ってます
画像は転車台と上に乗っているDE11です

画像



これも毎年恒例の展示となるカシオペア用補助電源車の
カヤ27です


画像



昼時になりお弁当を買い求めるために臨時に設けられて
お弁当売場の方へ・・・・すでに長蛇の列が・・・・


画像


隣は鉄道グッズコーナーの列ですが、お弁当コーナーの列も
同じぐらいなかなか先に動かなかったです


画像


並んでいる最中に撮影した高崎の旧型客車です
この後に、客車を見に行き中を歩いている時に
ハイケンスのセレナーデの後イベントの案内の放送を
車内の放送設備を使って行ってました


画像



列に並んでいるいる時から気になってた検査棟の入り口から見える
寝台車、行ってみたら(ナハネフ24の幕が日本海を表示)

画像


この横には実車から外された方向幕の装置をつかった
展示物が


画像



この(日本海号)青森車両センターから客車を借りてきた物では
なく、北斗星用の予備車みたいです

画像


これも毎年恒例の車体のジャッキアップの実演がおこなれた
場所です


画像




今年は所用がこの後にありじっくり見れなかった事が
心残りでしたね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック