昨秋の尾久車両センター一般公開  中編

前編から続きで
画像


209系からさらに奥の方に
展示されている毎年の名物の
機関車展示スペースまで行きました

画像


先ほどの反対側から撮影した画像です

画像


先ほどの場所より田端方面寄り
から撮影した画像です

画像


周辺にはカシオペア用の補助
電源車のカヤ27が展示されて
ました

画像


この辺りで正午近くなり転車台の
前を通り特設のお弁当コーナーで
駅弁を買い入り口近くの旧客へ

画像


画像


この日は、東北地方でのイベント
列車の運転が有り高崎区の旧客の
多数がそちらの運用に付いている
都合上、尾久にはオハニ36と
スハ47の2両のみ
当日の雨と旧客の珍しさもあり
車内はいっぱいで 食べるスペース
無く再び外へ

画像


仕方ないので再び209系の中へ
クハ209のドア付近の短いベンチ
シートが空いたのでそこで昼食と
なりました


画像


画像


食事後にE655系和(和)を撮影に
和の格納庫へ行き撮影しました
この車両の形状と光沢に周りの
窓のからの光等が写り混み
下手くそな自分の腕では難しい

前編・後編に分けようと思いましたが
2つでは無理な様なので中編として
この続きは後編(検査棟編)
に続きます








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

匿名希望
2012年03月03日 06:38
初めまして、E655系和だけど、この編成って、確か、お召し列車で使用されてたと思いました。この間動画で見た事ありよく似てるから、
PS
TOMODACHIYA鉄道乗車記のロクヨンで、関係ない書き込みして大変申し訳ございませんでした。この場を借りてお詫びします。(T_T)
2012年03月03日 12:03
匿名希望さん>

コメントありがとうございます
動画でごらんになった御料列車はE655系和そのものです
皇室関係(天皇ご一家)や海外の元首等の乗車の場合
3号車と4号車の間に特別車両を増結して運転されます
E655系本体は尾久車両センター所属ですが特別車両だけは
東トウ(東京車両センター)所属となってます
先頭車にはディーゼル発電器を備え非電化区間には
DC機関車が牽引しての(客車状態で)で進入可能
中央線の狭いトンネルへの対応等のユニークな設計に
なってます

実際この車両の形はJR東日本で一番美しいと思います



この記事へのトラックバック